10分で分かる!自然食・不自然食の見分け方

自然食や有機野菜、無添加食品にまつわる真相を記事で明らかに!食べる前に読む・知的なあなたのための食の安全ブログです。

無肥料無農薬・自然栽培桃にチャレンジ!

昨年の今頃買った桃の苗。 “桃栗三年”といいますが、2年目の今年に花が咲きいま実をつけました。 まだまだカワイイのですが、夏には大きな実になってくれれば嬉しい限りです。 もちろん無肥料・無農薬、自然栽培の桃なのですが、桃の無農薬栽培は極めて希少…

自然栽培タネ採りへのプロセス!

今年買ったタネでレタスとサニーレタスを植えてみました。 タネの段階から農薬が使われるのが普通ですが、これは無農薬のタネ。ハッキリは分からないけど、親株はきっと農薬も肥料も使われていたことでしょう。 そんなタネをウチの畑の土と馴染ませるために…

越冬レタスの花が開花!

紫色のリーフレタスの花がついに開花! 苗を秋に買って越冬させ春を迎えていよいよ開花。 キク科の野菜だけに花もなんだか菊っぽい様相です。 今年は食べずにタネを採って来年に食べる、そんな計画です。 食べようかどうしようか、迷っていたのですが、こう…

無農薬・無添加食材は社会の支援があってこそ!

生きるとは食べること。 食べたものが血となり肉となるわけだから、生きるのに食べものは欠かすことができないもの。 そうだとするならば何を食べるか? コレが問題になるわけです。 農薬や食品添加物は体が求めているものではありません。それらは栽培の都…

肥料が虫や病気を呼ぶ!

野菜を育てるには多かれ少なかれ農薬が必要。 これが現代農業の考え方です。 無農薬は理想だけど、それはどうしてもムズカシイ。虫や病気にやられてしまうので農薬を使わないと農産物を口にすることができなくなる。 このように考えられているわけです。 で…

自然栽培自家採種・ほうれん草編

ほうれん草はお馴染みで人気の野菜ですが、栽培をしていると分かることがある。 それは雌株と雄株があること。ほうれん草はヒユ科の野菜ですが、このように左が男・雄株と右が雌株・女が存在している。 面白いものですね。 雄株は当然のことながらタネをつけ…

無農薬で野菜を作るための知恵

キャベツとレタス。 サラダ好きにはどちらも欠かせない野菜ですが、この2つは栽培する側にとっては実に便利。 キャベツはアブラナ科でレタスはキク科。 栽培する時期が似通っているので、キャベツの周りにレタスを配置するとモンシロチョウの産卵を抑制し、…

無農薬キャベツは不可能なのか?事実はいかに!?

肥料も農薬も使わない自然栽培をしていると、 “できる野菜は限られるでしょう!?” とか、 “貧弱で小さい野菜にしかならないでしょ” そんな風にいわれたりもします。 でも実際はそんなことはない。どんな野菜でも、立派なものがきちんとできる。 農業の常識と…

自然栽培と不耕起栽培・どちらが正しい!?

肥料も農薬も使わない自然栽培。 これには大きくいって2つの考え方があります。 1つは不耕起栽培でもう1つは耕起栽培。 前者は土を耕すことなく自然のままの状態でタネを落として栽培するもの。 後者は土を耕しそこにタネを播き栽培する方法。 このどちらが…

クスリの副作用で相乗効果が!

クスリの副作用。 Aというクスリには症状を抑えたり緩和したりする効果がある。でもその反面、効果があるものには必ず副作用が存在する。 効果だけあって副作用はない。そのようなものは存在しないわけなのです。 クスリ単体で見れば、効果と副作用はセット…

か弱い野菜の救出法は!?

野菜は弱い。 か弱くてスグに虫や病気にやられるものだから、人間が色々と工夫してあげなくてはならない。 そんな風にして肥料や農薬が使われますが、接木野菜もその1つに入るのではないでしょうか。 これはキュウリやトマト、ナスなどに多いのですが、キュ…

野菜苗を買っても育たない理由は!?

この時期ホームセンターに行くと野菜の苗がたくさん売られています。 地域の農協などでも苗は最盛期!そんな感じです。 プロであっても素人であっても、こうした野菜の苗を購入していざ育ててみる。するとうまくいかない。 特に露地栽培なんかだと枯れてしま…

無添加食材豊富な店を信州安曇野で発見!

自然食を志す者にとっては、無農薬や無添加食品を扱っているお店を見ると嬉しくなります。 新潟の上越地方に暮らしている自分の場合、そのような店はほとんど見かけない。買うのは通販!そうなるのが相場です。 でも最近、車1時間半かけて長野県安曇野市の道…

野菜とは野生の菜!

ウチの紫レタス。 タネ採りをしようと越冬させ食べずに畑に置いていたのですが、かなり高くなっていました。 でも、先日の強風で倒れてしまいました。でも根っこはしっかりしているので、どうしようかと悩んでいました。 すると倒れたまま花芽を空に向けて伸…

自然栽培人参発芽!根と芽の関係を整理!

モノには順番がある。 順番を違えるとその後にさまざまな弊害が生じるもの。 それは農業の世界でも同じです。 土に播かれたタネはまず初めに根っこを伸ばします。自分に必要な養分を吸い上げられるように地中深く根を伸ばしていく。 人間でいえば足腰を作る…

自然栽培の秘訣はタネと土の大きさ!?

土の起こし方。 農家の人は土を細かく耕す。几帳面な人ほど徹底的に細かくするわけです。 特に稲の場合は、土をトロトロになるまで細かくやるのですが、これも一概に良いとは言えないわけです。 自然栽培のリンゴ農家木村秋則さんは稲の土は粗く大きく起こす…

オーガニックコスメの気になる実態は!?

世は空前のオーガニックブーム。 食品はもとより、様々なジャンルに広がっています。 中でも人気はオーガニック化粧品。この分野は直接肌に塗布するものが主体だから特に注意をはらいたい。 美しさと健康を両立したい女性たちからオーガニックコスメは確固た…

ミツバチ減少と農薬の使用量

今の野菜の多くがミツバチを介して受粉します。 雄しべと雌しべを繋ぐ橋がミツバチ。野菜栽培には欠かせない存在です。 そのミツバチが世界規模で減少し続けている。理由は農薬によるものという説が有力ですが、農薬メーカーは根拠が曖昧と一貫して否定し続…

有機野菜の称号は無農薬に与えるべき!

メダリスト。 オリンピックなどのメダリストは厳しいトレーニングに耐え、ライバルを出し抜き、そして極度のプレッシャーに打ち勝ったものだけが与えられる称号です。 そのように極めてレアで素晴らしい。そのような人だけに贈られる称号なわけです。 農業の…

汚れた田畑を洗浄するには!?

田畑に投入された肥料や農薬。 それらは自然になくなるものではありません。野菜が使わなかった残留肥料や雨などで落ちた農薬は土に異物として残留し続けるのです。 化学肥料は半分が蒸発してしまうと言われますが、有機肥料は土が肥料分を掴み込んでしまう…

野菜と雷の不思議な関係は!?

雷が多い年は稲の生育が良い。 こんな話をよく聞きます。稲のみならず、野菜の生育も良い。 植物の成長と雷には密接な関係があるようです。 植物にとって窒素は栄養促進剤に当たるもので、葉を大きく育てることが知られています。 その窒素は大気中に80%も…

野菜は育てるのではなく自ら育つ!

農作業をしていると色んな光景に出会います。 昨日草取りをしていたら用水路の影にひっそりと花を咲かす小松菜を発見! 丈が長く葉も大きい、そうした株がコンクリートの間から見事な花を咲かせていました。 おそらく3年前に播いたタネからできた子孫の株が…

薬剤使ってミカンの皮むき!?

ミカンの薄皮。 食べるとなると邪魔ですよね。温州ミカンのようにそのまま食べれるのならまだしも、甘夏やハッサクなどなら薄皮は食べませんよね。 ましてやミカンの缶詰なんかだとキレイに皮が剥かれています。 あの皮むきは人が手作業でやっているように思…

自然栽培は野山に学べ!

農業をやる上で大切なのは土。 私のような肥料も農薬も使わない栽培をするならなおさら土は大切です。 農学において土は根っこを支えるだけの存在。そこに養分も何も存在しないから有機であれ、化学であれ肥料が必要。 このように考えられているのです。 で…

肥満野菜のダイエット法とは!?

肥料をたくさん入れた野菜。 丈が高くなり、葉がわんさと茂ります。葉の色はドス黒い感じの濃い緑。 これが特徴になります。 なぜこのような現象が起こるのかというと、窒素肥料の影響と考えることができる。 窒素肥料は植物にとっては成長促進剤にあたるも…

野菜の健康と太陽の関わりは!?

早起きは三文の得。 そんな風にも言いますが、それは人間に限ったことではなく、植物・野菜たちも同じようです。 光合成。植物は二酸化炭素と水と太陽の光とで成長に必要なエネルギーを作り出します。その光合成が行われる時間は午前中。日の出から4時間くら…

山菜よお前もか!農薬使用の現状は!?

タケノコ、わらび、こごみ、ゼンマイ、ふき、タラの芽。 この時期は山菜が旬を迎える季節です。 ほろ苦く美味しい、春を感じさせる食材ですが、今はほとんどがビニールハウスでの栽培品。そのためエグみが少ないのが特徴です。 アク抜きの必要がなく便利に使…

タネ播き時期は花が教える!

日付で管理。 私たちの日常はカレンダーを軸に行われています。 何月何日に何をする、このように過ごしているわけです。 これは農業においても同じ。何月何日にタネを播いて、農薬はこの日に撒いて・・・。 農協の指導でカレンダー農法が行われているのです…

自然栽培レタスに学ぶ・先祖帰りの法則とは!?

先祖返り。 畑をやっているとそんな現象に遭遇します。 ウチは肥料も農薬も使わない自然栽培でやっているのですが、昨年秋に植えたリーフ系のレタス。葉っぱが伸びるタイプのレタスで巻かないはずのもの。 それが越冬して現在明らかに巻き始めているのです。…

トマトに農薬がたくさん使われるワケは!?

トマト。 暑い夏に塩ふってバリっと噛みつく。個人的にはトマトの一番美味しい食べ方です。 野菜の王様ともいうべき存在で、スーパーなどでもとりわけ光り輝く存在です。 そんなトマトなのですが、基本的には水が嫌い。水をたくさん与えるほどトマトは水っぽ…

霜降り牛は不自然で不健康!?

高級牛肉。 霜降りでトロけるようなジューシーさが魅力の肉です。 でも、この姿は不自然。本来牛は草原を動き回るので肉質は固くなる。動きまわると筋肉質になるので高級牛肉のような柔らかさにはならないわけです。 あの柔らかさは一切牛に運動をさせないこ…

野菜の好む環境整備で無農薬を実現!

キュウリは上へ伸ばして栽培する。 コレが普通の栽培方法です。 でも自然本来にキュウリは横に這うもの。地面を這って伸びるのが植生です。 地面に這うことの意味はスペースが要ること。それでは栽培の合理性がムズカシイ。狭い場所でも効果的に育てられるよ…

牛乳でお腹が下る・体の自然から解き明かす!

牛乳を飲むとお腹を壊す。 このような人が少なくありません。 でもこれは人類としては当たり前の姿なのかもしれません。 理由は乳製品を分解する酵素が体にないから。そのためお腹の調子が悪くなるといった次第です。 私たちは生まれた段階では母乳を分解す…

漢方薬は安全なクスリなのか!?

化学合成薬は怖いから漢方薬を使う。 このような人が少なからずいます。 漢方薬は自然のものだから体に良い。負荷が少ない。そのように思われているわけです。 でも、それは本当なのでしょうか?漢方薬にはリスクがなく、安心して服用することができるのでし…

有機肥料は質と量に注目!

化学肥料はダメだけど、有機肥料は良い。 このように多くの人が思っています。 理由は化学肥料は自然界に存在しないものであるから。有機肥料は動物の糞尿などを使うので自然の循環に則している。 このようにいわれているのです。 でも、有機肥料といえども…

コラーゲンでお肌プルプルの真実は!?

コラーゲンでお肌にハリと潤いを! コラーゲンを食べたり飲んだり塗ったりすると、ゼラチン状のプルプルのお肌。美肌効果バツグン! こんな感じで盛んに宣伝されています。 言う方も言う方ですが、信じる方もどうかしている。このようなウソがまかり通る風潮…

自然食とは大自然を頂くこと!

自然との接点。 私たちの多くがコレを求めます。 休みとなれば海や川、山などに出かけて心身ともにリフレッシュを図る。都市に暮らす人にとっては切実な思いなのでしょう。 草木や川のせせらぎなどに触れるとココロが洗われる。実際にプラスチックを触ると血…

細胞分裂と速成の関係は!?

1つの細胞が2つになり増殖していく。 自然細胞分裂の姿です。 野菜もこのように分裂し成長していくものです。 でも肥料を与えた野菜はこのプロセスが荒くなる。1つの細胞が肥大化して本来小さな細胞の分裂が、1つの細胞が肥大化する形となる。 だから今の…

恒常性の発動と病気の症状

自然界には「恒常性」という仕組みがあります。 崩れたバランスを元に戻そうとする力のことで、ともすれば一見事態が悪化しているように思えてしまうもの。でもそこには大切な意味が込められているのです。 元の自然な状態に戻すためにわざと症状を引き起こ…

生命の本質は画一ではなくバラける!

今の農業のタネ。 タネの段階からすべて設計されているのが現状。 たとえばキュウリなら輸送に使う箱にきっちり収まるようにタネが設計されている。大きさやサイズまで均等になるようにタネが操作されているのです。 ”同じような服を着て、同じような夢を見…

農薬まみれの日本農業・解決の道は!?

日本の農業。 2004年の単位面積あたりの農薬使用量は世界第2位。1位は隣の韓国です。 栽培期間中にトマトなら50回以上、きゅうりなら60回、このくらいの回数の農薬が使われています。 減農薬・低農薬といってもその半分が目安だからトマトで25回…

菌が悪いの?自分が悪いの?

体質説と感染説。 かつて大きな論争になりました。 体が病原菌に犯されるのは菌が悪いから、こう考えるのが感染説。反対に菌に問題があるのではなく、体の方に問題がある。菌はその環境に応じて動いているだけ。 相反する二つの立場です。 菌が悪いのではあ…

健康な野菜は健康なタネから!

野菜の安全性を考えるなら、タネからの安全を追求する必要があるかもしれません。 今のタネはその段階から肥料や農薬を塗布されている。そして成長する際は肥料や農薬を使うことを前提にタネが設計されているわけです。 また畑での作業を効率的に行うために…

水飲み健康法と自然な水分補給

水をたくさん飲む。 そうした健康法があります。 ウチの祖母なんかもこの主義者で1日2Lの水を飲め!そんな風によく言っていました。 でもこれは本当なのでしょうか? 基本的に私たちは自分の体が指し示すサインに鈍感です。 食べものもお腹が空いた時に食べ…

土は何からできている!?

無農薬で野菜を作れる人・作れない人。 その違いは土の性能を理解しているかどうか? ココにもポイントがありそうです。 土は何から出来ているかといえば植物です。葉や茎、そして根っこが枯れて雨風を受けて腐食することで土は作られます。 自然界が表土1セ…

症状は絶対悪で敵視すべきものなのか!?

変な話になりますが、 突然下痢の症状に襲われたらあなたはどうしますか? 多くの人は体の症状やトラブルは悪いものと思っているので、下痢を止めようと必死になると思います・ お医者さんにいったり、市販の下痢止め薬なんかを使って症状を止めようとする。…

現代医療と自然医療の違いは!?

弱くてもろくてか弱い存在。 現代医療で私たちの体はこのように考えられています。 体自身に自ら治せるだけの力はない。だから医療の手が必要。そこで手術や投薬、検査が必要になるといった次第です。 この考え方は肉体故障説をいわれるもので、機械などと同…

学問常識の変遷と自然規範

以前食物繊維は何の意味もない。 栄養学では盛んに公言していました。でも今ではデトックスなどの効果があると盛んに食物繊維の摂取を進めています。 学問常識は常に変化していくもの。いま正しいと思われているものが、未来永劫正しいわけではない。 栄養素…

野菜と肉の最悪の組み合わせ!?

緑が濃い色の葉っぱを食べる。 これが体に良いと私たちは習ってきました。緑黄色野菜なんていうように、緑の濃さは葉緑素を意味するもの。 そのようにいわれてきたのです。 でも実際はそうではない。緑の濃さは葉緑素ではなく、肥料の色。窒素肥料の過剰分が…

脂肪と病気と化学物質

入り口あって出口なし。 人工の化学物質をこのように例えていうことがあります。 人工の化学物質は人体にとって明らかな異物。異物である以上は、体に入ってはならないものですが、お米や野菜、さまざまな加工食品にこれらは使われている。 それが食の安全を…