10分で分かる!自然食・不自然食の見分け方

自然食や有機野菜、無添加食品にまつわる真相を記事で明らかに!食べる前に読む・知的なあなたのための食の安全ブログです。

糖分摂取は体の欲求!罪悪感を感じる前にするべきことは?

甘いものへのバッシング。

 

何だか強くなっています。

 

甘いものを食べることに罪悪感を覚える、ダイエット中の方などはそう感じることも少なくないでしょう。

 

でも、人の自然から見れば甘いものを欲することは本能的な欲求。私たちの味覚のレセプターは苦みや酸味には厳しいけど、甘いものにはほぼノーガード。

 

糖分は体に絶対的に必要なものだからです。

 

私たちの体は糖分をエネルギー源に活動しています。脳が働くのも心臓が動くのも、糖分を摂ることでエネルギーを確保しているから。

 

それは車の性能が良くても、ガソリンがなければ動かないのと同じで、私たちの体も糖の補給は生命線になるのです。

 

お米や小麦のデンプンは糖のカタマリで、炊いたままの状態では鎖に繋がれたような姿をしています。

 

噛んでみるとその鎖が切られて、噛むほどに甘くなっていく。それが米の糖分の為せるワザなのです。

 

大人の場合、毎度の食事から糖分を充分に摂取できます。でも、子供や高齢者は食が細く満足にお米などから糖分を補給できない。そのためおやつなどを欲しがることは正しい欲求

 

そのように解釈できます。

 

問題はどのような形で糖分を摂るか?にある。

 

安いお菓子やジュースなどに使われる果糖ブドウ液糖のように消化吸収のプロセスを必要としない糖分は考えもの。

 

そのまま血液に送られてしまうほど最小単位に分解されているので、血糖値を急激に引き上げてしまいます。

 

筋肉も使わないと退化するのと同じで、消化吸収を経ない形ので糖分摂取は控えたほうが良いでしょう。

 

砂糖なら果糖ブドウ液糖と違い、消化器官を動かして分解し、順次血液中に送られるので血糖値の上昇も緩やかです。

 

糖分は悪いものと決めつけるのではなく、どのような形で摂取するかを考えた方が良いでしょう。

 

もちろん、お菓子などに使われる食品添加物は極力避けることが大切ですよ!

 

 

 

浄水器のカラクリ・高価なものは買ってはイケナイ!?

浄水器を使えば、水道水の塩素を除去できる。

 

だからあとはどのメーカーのどの機種を選べば良いのか?

 

こう思うのが普通ではないでしょうか。

 

でも、残念ながら浄水器で塩素を除去することはできません。高い浄水器ならば塩素を取り除ける。

 

高かろうと安かろうと結果は同じ

 

散々水を汚しておいて浄水器1台で帳尻を合わせよう。

 

その発想に無理があるのです。

 

でも実際、浄水器を使えば塩素特有のカルキ臭がなくなる。それを実感している人もいるだろうと思います。

 

そろそろタネ明かしをしましょう。

 

浄水器で塩素を取り除くことはできないけど、塩素を塩酸に変化させることはできる。

 

浄水器は塩素から塩酸への化学変化を行う機械というわけです。

 

塩素が塩酸に変われば、カルキ臭はなくなります。ニオイが化学変化でなくなるわけなのです。

 

また塩酸になれば、毒性も急性のものではなくなる。慢性毒性になるので毒性の質も変わるわけです。

 

当然、塩酸に変わっているから塩素の試験薬には反応しない。メーカーはこのカラクリを使って過大な宣伝をしているのです。

 

このように浄水器1台で塩素を除去できるというのは幻想なので、購入の際はあまり高価な機械を買わないことがオススメです。

 

安いので充分ですよ。

にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ

にほんブログ村

 


食生活・食育 ブログラン

キングへ

安全な食材選びが病原菌の感染を招いてしまう!?

サルモネラ菌や病原性大腸菌

 

誰もがそんな菌が付着した食べものを食べたいとは思わないでしょう。

 

でも、知らぬ間にこれらの菌がついた食材を食べているのだとしたらどうでしょう?

 

しかもそれはすこぶる高価で、自然で健康!こうしたイメージのもとに売られている食材だとしたら・・・。

 

病原菌の心配が高い食材の1つが、

 

「有機野菜」

 

です。

 

以前はレアなもので、特別に農家に依頼したり、会員制の宅配に登録したりと面倒な工程を経ない限り手にすることも、目にすることもありませんでした。

 

でも、今では有機野菜は誰でも見かけ、容易に手にできるようになっている。

 

スーパーのこだわり野菜コーナーやファミレスのメニュー。

 

コンビニや居酒屋でさえも有機野菜を扱うところがあるからです。

 

有機野菜と言えば、有機肥料を使った野菜のこと。化学肥料を使っていないので安心!

 

そのようなイメージがありますが、それは有機肥料の質が良いことが条件です。

 

有機肥料は動物の糞尿を原材料にしているケースが多いのですが、問題はその熟成期間。

 

どのくらいの年月をかけて熟成させたか?

 

この点をクリアしてこそ安全で健康な野菜といえるのです。

 

有機肥料は家畜の糞尿を使いますが、それらは汚物なので病原性大腸菌サルモネラ菌が含まれていても不思議はありません。

 

でも時間をかけて長期熟成を行うことで発酵していく。発酵の際に生じる熱で病原菌を死滅させる工程がどうしても不可欠になるのです。

 

でも、現行の有機認証制度においては肥料の熟成期間についての規制は一切ありません。

 

発酵が不十分でほとんど生に近いような状態で使われるケースもある。

 

きちんと完熟した有機肥料を使っているのか?それとも病原菌の残留リスクの高い「未熟な肥料を使っているのか?

 

情報が公開されないので、一切分からない。ただ単に「有機野菜!」と一括りにされて販売されているのが現状です。

 

有機野菜は安全で健康。そう決めつけるのは早計で無理があります。

 

より安全な食材を求めるならこうした裏事情をきちんと押さえてくことが身を守る術になるのでしょう。

 

■参考:有機野菜はサラダで食べるな!質と量から見る感染考

タバコ・喫煙排除にモノ申す!受動喫煙の眉唾からおかしな正義の真相に迫る!

一方的な悪。

 

とかく私たちはそうしたものを設定しがちです。

 

問答無用で悪いもの!

 

そうすることで仲間意識を醸成したり、排除の論理が働かせたり、誰かの都合で動かされたり・・・。

 

何となく息苦しく硬直した空気を 醸し出してしまいがちです。

 

現代の絶対悪にタバコ、喫煙の問題もあるのでしょう。

 

タバコはガンの元。吸っている本人はもとより受動喫煙で関係ない人まで巻き込んでしまう。

 

そのように目くじらを立てて指弾されるわけなのです。

 

でも、受動喫煙はかなり眉唾な議論であって科学的とはとても言いがたい。

 

そうした指摘もあるのです。

 

タバコが悪い、そうした指摘も一定程度頷けます。

 

今のたばこは昔と違い、様々な化学合成添加物などが調合されている。また少しでも速く吸い終わり、たくさん吸わせるために燃焼促進剤などの火薬を入れていることなども問題でしょう。

 

でもそれを言うなら、世の中に悪いものなんていくらでもある。タバコばかりを槍玉にあげる風潮には断然違和感を覚えるのです。

 

スーパーで食品の裏側を眺めれば、ありとあらゆる化学合成添加物がズラリと並ぶ。

 

並んでいる添加物ばかりではなく、原材料に使われる農産物には農薬がウジャンと使われている

 

私などは田舎暮らしをしているわけですが、田畑に使われる農薬は明らかな環境・健康被害要因。

 

そうであるにも関わらず、公然と大量に散布されている。それについては誰も何も言わないわけなのです。

 

食肉に至っては、薬剤漬けの畜産業の現実もある。

 

農薬も添加物も体にとっては異物なので当然発がん性の問題が指摘される。

 

タバコはダメで、他は良い。それはあまりに片手落ちな議論ではないかと思うのです。

 

タバコはニオイの問題があるので迷惑!そうした声があることも分かります。

 

でもニオイの問題を言うなら、正直女性の化粧だってかなりのニオイ。シャンプーやリンスの香料、整髪料、合成洗剤で洗われた衣類のニオイも、使わない派から見ればかなり厳しいものがあるわけです。

 

タバコばかりを指弾するのはいかがなものか?と感じます。

 

もちろん愛煙家も嫌な人の前で無神経に吸うのは論外だけど、マナーを守り、香りを楽しんだり、リラックスをしたりと嗜好品として楽しむことには寛容であるべきでしょう。

 

正義には常に排除の論理が働くもの。そうした余裕のないギスギスした社会の姿は本当にイヤだなと感じます。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ

にほんブログ村

 


食生活・食育 ブログラン

キングへ

キズには消毒・殺菌剤の無差別性について

殺菌剤。

 

医療においても、農業においてもよく使われる薬剤です。

 

菌は危険で汚いもの。

 

だからキズを負ったときなどは、殺菌剤を使って患部を消毒するように!

 

そんな風に学んできたわけです。

 

殺菌剤は文字通り、菌の活動を弱め殺すためのものですが、使う際はメリットばかりではないことも事実

 

無差別で殺菌してしまうので、良いも悪いも一斉に殺戮してしまうのです。

 

私たちの体には150兆匹と言われるほどの常在菌たちに覆われています。

 

腸内細菌は有名ですが、皮膚常在菌や口内細菌などおびただしい数の菌たちと共生関係を結んでいるのです。

 

皮膚常在菌でいえば、体にとって好ましくない菌が付着すると、特別な酸を出して退治してくれる。

 

またビッシリとかたまりコロニーを形成しているので、外来菌がそもそも繁殖できるだけのスペースを与えない。

 

このようにして私たちと互恵関係を結んでいるわけです。

 

でもそこに殺菌剤を使ってしまえば、常在菌も外来菌も同時に殺してしまいます。

 

それは結果として自らの体を弱めてしまう結果に繋がっていくので、薬剤を使うなら使うで、無差別であることを前提にするべきでしょう。

 

路地で栽培された野菜の表皮には私たちと同じようにたくさんの菌たちでおおわれています。

 

1センチ角につき1000万~1億匹と言われるほどの着生細菌たちで覆われているのです。私たちの皮膚常在菌と同じで、病気を引き起こす外来菌を特殊な酸や粘液で退治したりと役立つわけです。

 

でも殺菌剤を使えば着生細菌も外来菌も無差別に弱めてしまうので、無農薬での栽培がますます難しくなってしまうのです。

 

殺菌剤に限らず、クスリにはこうした無差別な面があるものなので、使う際は注意が必要ですね。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 自然食品へ

にほんブログ村

 


食生活・食育 ブログラン

キングへ

農薬まみれの野菜と無農薬の野菜の違いはエサに着目!

ネズミの繁殖力

 

旺盛なことでも知られています。

 

ハツカネズミという種類のネズミがいますが、これは20日間で増えることからつけられたネーミング。

 

とにかく増殖していくわけです。

 

でも、そんなネズミもある空間に閉じ込めて繁殖力がどうなるかを確認してみた実験ではある一定数まではどんどん増えていく。

 

でも一定のところまで来るとそれ以上は増えなくなる。こうした研究結果があるのです。

 

それは無限に増殖してしまえば、種の絶滅を意味するから。増えたら増えた分だけエサが不足してしまうので、あるラインで繁殖が止まる。

 

そうした結果でもあるのです。

 

自然の野山の植物に大量の虫がつくことは基本的にありません。でも田畑となると、何十回も農薬を撒かざるを得ないほど多くの虫が現れます。

 

野山の植物には虫がたからないのに、田畑ではたかるのか?その理由は虫にとってのエサが豊富だから。

 

増殖しても問題ないほどたくさんのエサが田畑にはあることが考えられるのです。

 

野山の植物に使われていなくて、田畑で使われているのは肥料です。肥料は窒素肥料を軸にしたもので、これを使うと植物は葉や茎、根を育てるのに必要なタンパク源になります。

 

それは植物を育てるのと同時に、虫にとっては格好のエサになる。虫も菌も窒素肥料をエサとして大量に発生するものと考えられるのです。

 

世に起こる現象は全て原因あって結果アリのものだから、無農薬で野菜やお米を育てたいなら窒素肥料を与えないことが大切です。

 

虫や菌が好む環境を作らないこと、これが無農薬での栽培を成功させるポイントになります。

 

なぜ無農薬栽培は難しいのか?それは肥料を使うことに理由がある

 

もっと詳しく知りたい方は、以下のサイトをチェックしてみてください。

mutouykumuiryou.web.fc2.com

お米アレルギーと人工の化学物質の関係は!?

主食のお米

 

古来より私たちにとって最も大切な食材。江戸時代までは武士はお米を給料としてもらい、それを両替することで生活に必要な品々を交換していたわけです。

 

加賀百万石なんていいますが、要は100万の人々を養うことができる豊かな国という意味なのです。

 

そんなお米も今は食べられなくない人が増えているようです。食物アレルギーでお米に発疹や引きつけなどが出てしまう人もいるからです。

 

そうなると私たちは食材の方に問題があると思ってしまいがちなのですが、お米そのものには問題がないケースも実際にある。

 

反応が出てしまう理由は、お米に使われる肥料や農薬、また過度な食味追及の結果、操作され続ける品種の問題

 

こうした点にも注目する必要があるのではないか?と考えるのです。

 

化学肥料も化学合成農薬も人体にとっては明らかな異物です。異物とは体に入ってはならないものを意味するものですが、農薬も化学肥料も異物のカタマリと言えるでしょう。

 

実際にお米アレルギーでも無農薬のお米なら食べられる、そうしたケースもあるので、すべてのお米を食べれないと断定するのは早計なのかもしれません。

 

また有機米も使われる肥料は家畜の糞尿などがメインなので、肥育の際に投与される抗生物質などの殺菌剤などが残留しているケースも見られます。

 

お米を選ぶ際にはどのようにして作られたお米なのか?を確認する必要もありそうです。

 

また別の問題として、今は甘くてもちもちしたお米が全盛となっていますが、これは要するにモチ米の要素が強いお米のこと。

 

モチ米は日々口にするような食材ではないので、こうした過度な品種改良の結果、体に反応が出てしまうケースもあるようです。

 

甘みが強く、モチモチしたお米は美味しいのでしょうが、リスクもあるので、この点にも目を向ける必要がありそうです。